前へ
次へ

ツルツル茹で卵を食べるために冷水や氷水を使う

簡単に作ることのできる卵料理が茹で卵ですが、ゆでた後に殻を綺麗にむけるかどうかはその時の運命次第です。見栄えの良い方が茹で卵も美味しそうですが、綺麗に殻をむくことができないと表面がボコボコしてしまいます。おまけに白身のところが殻に張り付くので、ゆでたまごとして食べる量まで減ってしまうありさまです。そこで挑戦をしたいのが、意外と綺麗にむくのは至難の業の、茹で卵の綺麗なむき方であり、実は全く難しくはありません。いつも通りに卵を茹でたら、ボウルに水を張りその中に茹で卵を入れるだけです。氷水でも冷水でも構わないので卵を入れて、冷やして殻をむいてみると、面白いくらい順調に殻を外すことができます。氷水や冷水は卵がかぶるくらいは必要ですが、冷たい水のおかげでツルツルの理想的な茹で卵を食卓に並べることが可能です。また茹で卵を向くときには、まな板など平らな所に1回だけ殻をぶつけ日々を入れて、さらに手のひらを使い卵を平らな場所でコロコロするとスムーズにむくことができます。

Page Top