前へ
次へ

季節の食べ物を美味しくいただく

本来は夏野菜のきゅうりやトマトですが、最近では一年中手に入ります。もちろん温室もののために価格は多少上がりますが、品質の良さは季節を問いません。病気の家族がどうしても季節外れのものを食べたがっている、というようなよほどの場合をのぞけば、その時期のものを美味しくいただくのが良いでしょう。旬のものは人工的に気温を調節したりと必要以上に手をかける必要がないので、価格が安いのも魅力です。トマトやきゅうりも、夏の日差しのもとにぐんぐん成長したもののほうがやはり美味しく、栄養価も高いです。それに、旬のものはその季節に食べることで体を調整してくれるのです。例えばきゅうりはウリ特有の体温調整、塩分調整を行ってくれます。つまり夏の気温で熱くなった体を冷やし、汗をかいたためつい摂りすぎた塩分を排出してくれるという働きがあります。冬は体を冷やす必要はありませんし、塩分も取りすぎないので、夏野菜であるきゅうりを食べる必要がないのです。

Page Top